冬場のスキューバダイビングについて

冬場のスキューバダイビングについて マリンスポーツは世界中で人気があり、日本でも多くのマリンスポーツが行われています。
中でもサーフィン、カヌー、スキューバダイビングなどは皆が知っているでしょう。
これらのスポーツは主に夏に行うものですが、冬でもサーフィン、カヌー、スキューバダイビングを楽しみたいと考える人は多いです。
冬は気温が下がり、海水の温度も下がります。そうなると体は冷え切ってしまい、風邪を引いてしまいます。なので、できるだけ暖かい地域を選びましょう。
日本では沖縄が一番暖かいので、冬でもマリンスポーツを楽しめます。少し寒いですが、真冬でもスキューバダイビングを楽しめるスポットも存在します。
冬場のスキューバダイビングでは冬用ウェットスーツを着用します。これを着ればほとんど寒さは気にならなくなります。
冬用ウェットスーツはインターネットでも購入することができるので、自宅で手軽に購入できます。最短翌日、遅くても1週間位で到着します。

妊娠中にダイビングはできるのか

妊娠中にダイビングはできるのか 若者を中心に大人気のマリンスポーツにスキューバーダイビングがあります。
スキューバーダイビングは通常の人にとってはたのしいマリンスポーツですが、妊娠中の女性や胎児にとってはかなり危険になる可能性があります。
妊娠したらつわりが起こる可能性があります。スキューバーダイビングをしている最中につわりの症状が出た場合、嘔吐したものが肺に逆流する可能性があるのと同時に、嘔吐した時に脱水症状を起こしてしまう可能性があります。そうすると命の危険性が出てくる可能性があります。
妊娠後期になると、子宮が肺を押し上げてしまい呼吸が制限されるため、ダイビングでは良くないとされる、「浅い呼吸」になってしまいます。
結果、酸素欠乏や二酸化炭素血症に陥る可能性がかなり高くなります。
どうしても妊娠中に海の中に潜りたいのであれば、プロの指導のもとこのようにならないように対策をしておかないと、後々大変なことになる可能性もあります。